朝起きて、ニワトリになっていたらを考える。

まず鳴くと思う。早朝に「コケコッコー」と。アメリカ人には「 クックドゥードゥルドゥー 」と聞こえる鳴き声で鳴くと思う。そして驚くと思う。

あちゃー、ニワトリになってるーと驚くと思う。妻にそのことを伝えようとするだろうけれども、いかんせんニワトリ。言葉を話せないからどうなるんだろう。

たぶん妻はニワトリにつつかれて朝起きたら、「あ、ダンナか」とはさすがにならずにきちんと叫ぶと思う。デフォルメされたかわいらしい姿でもなく、普通にニワトリが部屋の中の布団の上で何か伝えようとバタバタしていたら、それは恐怖だから。

それでダンナに助けを求めようとするけれどもどこにもいないから、目の前のニワトリを見て「あ、ダンナか」とはまだやっぱりならずに家族なり友達なりに助けを求めると思う。

そこで僕が保健所とかに持っていかれてしまったらゲームオーバーになってしまうから、それだけはなんとか止めようと全力のかわいさでアピールすると思う。きっと成功すると思う。命がけだからうまくいくと思う。

ニワトリは鳴き声のレパートリーも豊富でコミュニケーション能力に長けているらしい。加えて元ホモサピエンスとしての意地もあるから絶対にいいペットになれると思う。それで身の安全を確保できると思う。

ただ習性で一日に1万回以上地面を突いちゃうらしいから、下の階に迷惑にならないようにしないといけないけれど。

そして慣れてきたら「どうせなら卵産むメスのほうが役立つのに」とかニワトリハラスメントを言われながらも仲良く暮らしていくと思う。

コメント